Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Autoprefixerのブラウザ指定をpackage.jsonの`browserlist`からする

さっきAutoprefixerの設定でいろいろ阿呆なことをして、まあそれは解決して、ついでにリリースノートを見ていたら6.6.0でこんな機能が入っていたのを知る。

With Autoprefixer 6.6 you can specify browsers in package.json to reduce config files:

{
  "private": true,
  "devDependencies": {
    "autoprefixer": "^6.6.0",
    "postcss": "^5.2.6"
  },
  "browserslist": [
    "last 2 versions",
    "ie 9"
  ]
}

Note that we highly recommend specifying browsers in browserslist config or in package.json instead of Autoprefixer option.

これまでAutoprefixerのコードに書いてた対応させたいブラウザの範囲をpackage.jsonbrowserslistに書けるようになったとのこと。Browserslistcaniuseのデータをダンプしたやつを文字列でクエリできるやつで、いつからかAutoprefixerが使っていたのは知っていたけど、いろいろ使いやすくなってたんだね。不勉強であった。うあー

6.6.0時点でAutoprefixer以外にも、Stylelintやbabel-env-presetでも使われているとのこと。Autoprefixerは設定はコードじゃなくてpackage.jsonとかのがおすすめと書いてるので、今後はこう書いたほうがいいのかな。

書いてみる

手元のpackage.jsonとgulpfileをいじってみた。

  "private": true,
  ...
  "browserslist": [
    "last 1 version"
  ],
  ...

こんな感じで書いて、gulpfileでAutoprefixerをかましてるコード

  .pipe(postcss([
    autoprefixer({ browsers: ['last 1 version'], cascade: false }),
  ...

ここからbrowsers: ['last 1 version'],を削るだけ。
さて実行…うごいた…多分。エラーが出てもしかしてデフォルトにフォールバックされてるかもしれないけど、たぶん動いてる。わーい。

もうちょい読むと、package.jsonだけじゃなくて、$BROWSERSLISTっていう環境変数でもいいし、ルートに設定を書いたbrowserslistファイルでもいいらしい。READMEのQueriesなるセクションに優先順位とかが書いてあった。

Google Analyticsのデータを使う

これはBrowserlistというかcaniuseの機能なんだけど、caniuse.comのSettingsからGoogle Analyticsのアカウントを連携させてやると、グローバルなブラウザのシェアでなく、管理下のサイトのそれに連動した情報を出してくれる。

そのデータをなかなかなワンライナーでファイルとして出力してやると、そいつをもとにしてくれるとのこと。ファイル出力はもうすこしスマートにできるといいな。