Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

FirefoxのCSS Unprefixing Service

追記(2016-09-23)-webkit-接頭辞のサポートを一部のサイトのみ対象とする方針はその後方針転換し、すべてのサイトを対象とすべく必要な機能やエイリアスの実装が行われ、Firefox 49でリリースされた。

標準での対応については、もととなる機能を標準化したうえでCompatibility Standardエイリアスを定義している。ただwebkitMatchesSelector()CSS Animationsのイベントなどは、DOM仕様に組み込まれていたりも。

というわけで、ここで取り上げたlayout.css.unprefixing-service.enabledは意味をなさなくなる。接頭辞のエイリアスなしでも動くかどうかは、layout.css.prefixes.webkitという設定がCSSについては用意されている。


先日about:configにlayout.css.unprefixing-service.enabledなんてのを見つけて「なんだろう」と思ってたのだけど、Compatibility Teamのメーリングリストにアナウンスがあった。どうやら-webkit-CSSプロパティとかがあったら、それを標準のコードとして解釈するものらしい。

This feature is only active for the "top 10" broken Chinese mobile sites that Peipei provided[1] (e.g. several Baidu services and m.taobao.com). The whitelisted sites should have a much-improved user experience, due to Firefox converting legacy -webkit prefixed CSS into equivalent unprefixed CSS.

Mozillaは2012年にもWebKit接頭辞について検討していて、当時はCSSだけでは意味がないと判断していた。ただFirefox OS端末の投入とかで状況が多少変わったんだろうか。それともUA SniffingAPIについても似たようなことやってるのかな?

まだサービスの実装も途中らしく、GradientsやCSS Animationsはサポートされてないとのこと。CSS AnimationsについてはYahoo! JAPANもWebKitのみらしく、このままだと登録しないとかもねなんて話が出ている。ヤフーさん!!!Yトップなんとか!!

PrestoやProject Spartanではすべてのサイトを対象に接頭辞の処理をしている(みたいだ)けど、Mozillaの場合は特定サイトのみに限定させるみたい。特定サイトだけの対応はIEのCompatibility Listの膨れっぷりを見ると茨の道な気もするけれど、がんばってほしい。

Remove all ads