新しいSafariについて予想する

追記 (2013-08-13): WWDCでの発表にて、いくつか予想が外れたのが分かったので、短い答え合わせのエントリを書いた。あわせてSafariに懸念していることも書いたので、それもどうぞ。

以下は元記事。


WWDCが近いので新しいSafariの予想をしようかと。
来週まで待って確定的な情報を書いてもよかったけど、まあいいや。

たぶん7月に出る

新しいバージョンが「Safari 7」になるのかわかんないから、Apple風に「新しいSafari」と書くね。

ここ2回のメジャーバージョン(5.1, 6.0)は、7月下旬にリリースされている。なので今回も、WWDCでお披露目+Developer Previewのリリース、7月の同時期に正式版リリースされると予想。

ここ1, 2ヶ月のWebKitでのAppleの動きを見ても、コードのリファクタリングや細かなバグ修正、あとChromeのBlink移行に乗じたコード削除がほとんどな印象がある。なので、リリース準備に入っているんじゃないかと。

あと、ブランチが5月22日に切られた。

safari-537.43-branchという、メジャーバージョンが537になってから、初のブランチ(なはず)。trunkからのマージも行われている

過去のSafariのブランチも調べてみると、Safari 6.0の元になった536ブランチが切られたのは2012年5月7日Safari 5.1の元になった534ブランチから派生している。これが2011年5月20日。2週間ばらついてるけど、5月中に行われている。

今回はマイナーバージョンも含めたブランチなので、過去2回とちょっと違うけど、でもこれが新しいSafariのベースになるんじゃないかなと。

なにが入る?

Changesetのメモやコンパイルタイムフラグから拾ってみる。Nightlyで試すのがよいのだろうけど、ちょっと時間かかりそうなので省略。間違ってたらごめんなさいよ。

新しい機能

Page VisibilityはChromeにはあったけど、これまでSafariでは有効にされていなかった。Changesetには[iOS]とあるけれど、デスクトップで使えないなんてことはないと思う。
ちょっと面倒なのが、Blinkではまだ接頭辞がとれてないけど、WebKitでは接頭辞が削除されてしまったこと。webkitHiddenで壊れるWebというのは想像できないけど、どうなんだろう。なんにせよBlinkがんばって。

backgroundでのbackground-sizeサポートでは、backgroundにあったバグが修正されたので、background-sizeの後にbackground書いてたら問題が出るかと思う。あったら修正しよう(background-sizeを後に書こう)。

あと、WebGLも有効になるんじゃないかと思っている。IE11で対応しそうなこのご時世にSafariは対応しないとかね、ないと思うんですよ。Google MapsだってWebGLベースになるのに…あっMapsだからもしかして…いやいや。iOSやWebViewはわかんないけど、デスクトップでは使えるようになるのではないか。

Speech Synthesis APIは何するつもりなんだろう。接頭辞もない。APIは固まってるのかな。

接頭辞つきの新機能(独自拡張、試験実装)

Flexboxはつつくとバグがぼろぼろ出てきそうな気がする(特に他の機能と組み合わせると)。Flexbox, 今年中には本格的に使えるかなと思ったけど、そこまでな感じがしなくなったのが残念。OperaChromium移行で実装がたぶん後退したこと、Firefoxではmultiline Flexboxほかいくつかの機能が未実装ので、接頭辞無しでフルに使えるブラウザは後発のIE11だけになるんじゃないかというこの面白さ。

-webkit-cursor-visibility: auto-hideはビデオとか、フルスクリーン時にマウスカーソル消したい場合に使うらしい。簡単に試したけど、フルスクリーン時しか動作しない感じ。そりゃそうか。

-webkit-fit-contentは「要素内容に依存する幅の指定について」で説明されてるのでそちらをどうぞ。仕様はcss-boxよりもcss-sizingを見たほうがいいかも。

接頭辞がとれた機能(接頭辞つきのも引き続きサポート)

Gradients, Transitions, calc()が接頭辞なしで使えるのは大きい。グラデーションは、これまでさんざん言ってきたけど、構文が変わったので気をつけたい。

あとはTransforms, Animationsか…大掛かりそうだけれど、来年までにはなんとかしてほしいなあ。

接頭辞つき実装が削除された機能

先々月のWebKit Contributors Meetingで、機能の削除とか接頭辞まわりのスロットがあって、そこで接頭辞は可能な限り削除していく大方針が決まったみたい。大きく進展する気はしないけど、去年くらいからぽつぽつと成果が出ているのはよいこと。

バグ修正で気になったものなど

-webkit-text-size-adjustがデスクトップで無効になったので、ズームしてもフォントサイズが変わらないとかがなくなったはず。メディアクエリーのやつは、em-based queryでRWDなサイト作ってるとき問題になってたやつ。

border-radius絡みはようやくか、という感じ。classListと画像のオフセットのやつはバグの存在を初めて知った。

入らない(だろう)機能

コンパイルタイムフラグのファイルより、入らなそうな機能の一部を。

  • Web Components
  • Performance系API(*** Timings, High Resolution Time)
  • Scoped Stylesheets
  • CSS Exclusions, Shaders, Compositing
  • <iframe seamless>
  • Shared Workers
  • CSS Device Adaptations
  • CSS resolution media feature
  • IndexedDB

いろいろない。無理ないなって機能もあるけど、Scoped Stylesheetsは入れて欲しかった……

High Resolution Timeは一度入ったんだけど、performance.now()だけの判定で他のPerf系APIが使えると想定してるコードがあったようでrevertされてしまった。Timing系を入れるって選択肢はないらしい。ちぇっ。

High Resolution Time入らなかったらrequestAnimationFrame()のコールバックが取る引数ってどうなるんだろう。


残念な部分や細かな疑問は尽きないけれど、どのブラウザにもこれ入ってほしいなあというのはあるし、そんなものだよね。あとAppleが保証できない・するつもりもない機能をSafariに入れてしまうのは、それはそれで問題だろう。いまだって、中途半端な実装に泣かされていたりもするんだから。とくにWebKitみたくいろんなベンダーが関わるプロジェクトだと、そういう状況になりやすいだろうから、機能は減っても、安定するまでは使えないようにしとくのはよいかなと思う。

政治的に入ってない機能については、Webサイト・Webアプリ側で無理やり使っていって依存させ、実装せざるを得ない状況にもっていくしかないんだろうか。

Remove all ads