Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

AppleがTouch Events仕様に対し新たに3件の特許情報を開示

W3C

jQuery BlogでTouch Eventsと特許の件についてエントリが上がっていた。

Appleの独自拡張としての始まり、Mozillaの独自タッチイベントモデル、W3CのTouch Events仕様、MicrosoftのMSPointer、Appleの特許開示について簡潔にまとまっていて良かった。特にMSPointerとの比較のところで、Xperia solaのホバー実装を取り上げTouch Eventsは特定のデバイスの特定の入力に特化していると指摘している。そこをラップするPointer Eventsの方がfuture-proofだと考えてるみたいで、さすがjQueryのひとだなあと思う。

さて、そんな中タイミングよろしく、新たに3件discloseされたようで。

On April 14, Apple disclosed 3 additional patent applications for the Touch Events spec. Web Events' patent status page [1] states all three of these new disclosures have "No Royalty-Free Commitment"

すでに開示されている4件とおなじくNo Royalty-Free Commitmentということで、お察しくださいというか。

Touch Events PAGからのレポートが来るまでTouch Events仕様は止まったまま。jQuery Blogのエントリを書いたScott GonzálezはWebEvents WGのteleconjQuery won't release a normalization layer if the feature is not a standardと、独自拡張のままなら抽象レイヤーをつくる気はないと言っている。

さらに3件追加されたし、時間かかりそうだなあ。

ニュースサイトみたいなタイトルになってしまった。